ニュース

ソフトバンクテクノロジー(東証一部)らと共同で、次世代型の信用情報プラットフォーム構築プロジェクト開始。

2018年1月05日(金)

ソフトバンク・テクノロジー(東証一部)、アクトコール(東証マザーズ)グループのインサイト、シビラ3社での共同プロジェクトを発表しました。

インフラにおける高い技術力と運用ノウハウを持つソフトバンクテクノロジー社、電気料金などの生活決済データ及び不動産ビックデータを持つインサイト社、ブロックチェーンの研究開発を行うシビラ、の3社共同で次世代型の信用情報プラットフォーム構築を目指します。

<背景>

情報化の進展に伴い、大量の個人情報がインターネット上に蓄積される時代となりました。こうした個人情報の取り扱いは今後益々拡大すると予測される一方、システム障害、外部犯によるハッキング、運営内部犯による情報流出・情報改ざんなどが社会問題となっております。

また、シェアリングエコノミーの加速に伴い、見知らぬ個人間の直接取引が急増しており、安心安全な取引を行うために個人(取引相手)の信用情報が重要になっていくと考えられております。

これらの時代の変化により、金融機関などの伝統的な組織が管理してきた信用情報だけではなく、金融機関以外が管理する「信用情報になり得る全く新しい種類の情報」が必要と考えられております。そして、より高いセキュリティ・信頼性・トレーサビリティを担保した個人情報管理が求められます。

<取り組みについて>

インサイト社が保有する決済ログに加え、全国の不動産会社が保有する不動産データや顧客情報、政府が保有するオープンデータ、マイナンバー情報の統合に留まらずWebサービスやモバイルアプリの利用履歴などのソーシャルビックデータも統合・分析し、次世代型の信用情報を提供する事で、新しい信用経済圏の構築を目指します。

このたび、信用情報プラットフォームの開発について、日本マイクロソフトよりコメントを頂いています。

「日本マイクロソフト株式会社は、インサイト様、SBT様、ならびにシビラ様による不動産ビックデータとブロックチェーン技術を組み合わせた信用情報プラットフォームの開発に『Microsoft Azure』が採用されたことを心より歓迎いたします。『Microsoft Azure』が開発基盤となることでブロックチェーンの構築が迅速に行えるようになるだけでなく、データ統合や分析機能によって次世代型の信用情報の創出が加速することに期待をしています。今後も弊社は、インサイト様、SBT様、ならびにシビラ様との連携を通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーションに寄与する革新的なクラウド環境を提供してまいります。」

日本マイクロソフト株式会社 
パートナー事業本部 パートナー事業統括本部 統括本部長
細井 智

<関連リンク>

ソフトバンクテクノロジー公式ページ
http://www.softbanktech.co.jp/corp/news/press/2018/001/

アクトコール公式ページ
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1542756