ニュース

M2M(Machine to Machine)社会に対応したブロックチェーンウォレット搭載モビリティを実現。

2017年10月11日 (水)

IoTデバイスにBroofウォレットを持たせる事で今後以下の事が可能となります。

・2020年頃までに約50億米ドルまで拡大すると見られているIDoT(Identity of Things)が分散認証技術により可能となります。これによりIoTデバイスのセキュリティ向上、取引/決済、IoTデータのマネタイズ、などが可能となります。

・M2M(Machine to Machine)のマイクロペイメントが可能となります。これによりIoTビックデータの取引が1円以下で可能となりIoTビックデータのロングテールの流動性を高めます。また、デバイス同士が自律的に決済を行う事もできるので「自身が所有するモノが自律的に稼いでくる」という事が可能となります。

・トークンエコノミーにIoTデバイスを参加させる事が可能となります。デバイス自身がトークンを所有することで、人とデバイス間、デバイスとデバイス間において、権利譲渡といった決済に限らないコミュニケーションが可能となります。

<関連リンク>

シビラ サイトURL
http://sivira.co/

プレスリリース
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80522/bb56edc1/8828/4bca/a4cd/004a625426c9/140120170926478921.pdf

産経Biz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/171011/prl1710111032041-n1.htm

IoT News
https://iotnews.jp/archives/71659

財経新聞
http://www.zaikei.co.jp/article/20171011/405022.html

株探ニュース
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201710110231