ニュース

Plasma Research 研究会への登壇と発表資料

2018年6月25日(月)

日本における Plasma 有識者が集う Plasma Research の第 3 回研究会にて、弊社の佐藤が登壇しました。

弊社は 2 年以上前から複数ブロックチェーンが共存する世界を想定して独自ブロックチェーンである Broof の開発を進めつつ、実証実験も複数実施してまいりました。サイドチェーンの概念をベースとした Plasma によって描かれる世界は思想的にも我々の考えと近しいものです。また、技術的にも Broof と相性がよいため、弊社では Plasma を活用したアプリケーション構築を見据え、リサーチにも積極的に取り組んでいます。

現在、Plasma はブロックチェーンのスケーラビリティ問題に対するソリューションの中でも非常にホットなトピックであり、社会実装を見据えたスキーム改善が日々コミュニティで提案されています。今回の発表は、このように大量の情報が行き交う過渡期における Plasma との向き合い方を示しつつ、定理証明に基づく最新トピックにも触れることで、現状の Plasma を多角的に捉えていただくことを目的としました。日本において、Plasma の発展に貢献できるような議論がより一層盛り上がるきっかけとなれば幸いです。

<関連リンク>

Plasma whitepaper
http://plasma.io/plasma.pdf